クリニックとエステサロンの脱毛の違い

脱毛エステサロンを選ぶ上で参考になるクリニックとエステサロンの脱毛の違いについてご紹介しています。


クリニックとエステサロンの脱毛の違い

脱毛には、さまざまな種類の脱毛があります。
例えば、現代の脱毛といえばレーザー脱毛と光脱毛が主流でしょう。

現代では、レーザー脱毛を希望する場合はクリニックで、光脱毛を希望する場合にはエステサロンで施術することが多いようです。
私の場合はレーザー脱毛でしたが、エステサロンで施術してもらいました。
最近では、レーザー脱毛はクリニックでしなければ、違法だという話がありますが、これは本当なのでしょうか。


厚生労働省の発表では、平成13年11月8日の医政医発第105号で「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」は医師法第17条に違反するとみなしています。

この「毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」というのは毛根を破壊する永久脱毛にあたり、永久脱毛は医師のみが行える医療行為にあたります。
つまり、毛根を破壊する程の強さでなければ、レーザー脱毛も光脱毛も医療行為とはみなされません。
エステサロンなどで行っている脱毛は、毛根を破壊するほどの強い光線ではなく、毛根を弱らせる程度の光線です。

つまり、エステサロンの脱毛は、永久脱毛を謳っておらず毛根を破壊するような脱毛でなければ、合法だということになります。
それでは、クリニックとエステサロンそれぞれの特徴をご紹介します。

クリニックでの脱毛は医療行為ですので、脱毛で火傷や炎症などがあれば、薬を処方し治療をすることができます。
そして永久脱毛が可能なので、脱毛が完了すれば二度と毛が生えてくることありません。
しかし、施術は医師免許を持った医師が行うので、どうしても金額が高くなってしまいます。
医療脱毛は強力な分、効果も即効性がありますが、痛みが激しいのが難点です。

一方、エステサロンでは医療行為が出来ないので、肌にトラブルがあっても薬を処方したり、治療をすることはできませんが、肌トラブルのないようにしっかりと施術後のアフターケアをしているところがほとんどです。
医療脱毛ほど痛くもなく、リラックスできるようなお店作りがされています。
なによりも、価格が安いというのが魅力ですね。
脱毛は、永久脱毛を約束するものではないですが、毛の処理が必要なくなるくらいまできれいに脱毛できます。

エステサロンでの脱毛は、無料や格安のお試しコースがたくさんありますので、まずは気軽にエステサロンでの脱毛から始めてみてはいかがでしょうか。

脱毛エステサロン選び関連情報

このページのトップに戻る